結婚祝いの送り状の書き方とマナーについて

結婚祝いの送り状

結婚祝いの品とともに贈るメッセージを送り状といいます。友人に贈る場合はそれほどかしこまった文章でなくても良いかと思いますが、お祝いの気持ちをしっかり伝えるには、正しい文章構成を知っておくことも大切です。送り状を書く際の基本的な文章の流れをご説明します。

送り状の書き方

頭語と時効

頭語とは、文章の初めにつける「拝啓」などの言葉です。お祝いの言葉を書き始める前に、最初にこの言葉を入れるようにしましょう。時効とは、季節の言葉を添えたあいさつです。頭語の後に続けて添える言葉で、「拝啓初夏の候」などと使用します。

前文

頭語と時効のあいさつが書けたら、次は前文です。この前文では、お祝いの言葉を書きます。普段お世話になっている方には感謝の気持ちを添えても良いですね。そしてしっかりと「おめでとう」というお祝いの気持ちを伝えられるように書くとよいでしょう。

本文

本文では、お祝いの品として結婚祝いを贈ったことを伝える文章を書きましょう。贈ったことと、受け取ってもらえたら嬉しい、気に入ってもらえたら嬉しいなどという文章を入れても良いでしょう。

末文

本文で結婚祝いを贈った旨を伝えたら、次は末文を書きます。末文とは、文章を締めくくる部分です。直接手渡しできないことのお詫びの文章を入れたり、これから幸せな家庭を築いていってくださいなどの文章で締めてみてはいかがでしょうか。

結語

結語には、文章の最後につける「敬具」などの言葉があります。女性の場合は「かしこ」といった結語を利用する場合もあります。目上の方に結婚祝いを贈る場合は、こういった形式を意識し、送り状を添えると良いでしょう。

送り状について

箱を持つ人

結婚は人生の中で大きなイベント

結婚とは、人生であるイベントの中でも特に大きなイベントといえるのではないでしょうか。そういった大きなイベントにお祝いの言葉を贈るとしたら、しっかりと形式を理解した上で書く必要があります。

形式に沿って書く際の注意点

送り状を形式に沿った書き方で書くことは大切ですが、あまりにもきれいな言葉を多用したり、お世辞ばかり使っては相手が嫌な気持ちになってしまう可能性もあるので、しっかりと自分の気持ちを入れて書くことをおすすめします。

送り状で気をつけること

送り状を書く際に、入れて入れない言葉などがあります。忌み言葉や重ね言葉は別れなどを連想させてしまう言葉なので注意するようにしましょう。忌み言葉には、「別れる」以外にも「帰る」「絶える」「浅い」などの言葉があります。また、重ね言葉には「またまた」「ますます」「いろいろ」などの言葉があり、再婚を連想させてしまうので、送り状を書く際はきちんと使ってはいけない言葉を調べてから書くことをおすすめします。